« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

唸る!!タエボー

さて本日は、かなり忙しい一日って・・・もう29日やんcoldsweats02

人員も少ないんで、かなりびびっておりましたが、なんとかかんとか終了。
歩き回った割には、結構元気なのは、日ごろのタエボーのお陰か?(笑)。

最近コアリズムではなく、以前に書いた「ズンバ」と、ビリー隊長の「タエボー」ってやってます。
これ、かなりのもんですcoldsweats01

1.3Kgの如意棒?を使ってトレーニング。最初は首、肩、そして特に背中にきましたが、今は筋肉痛もなくscissors

腕にはウェートグローブを1kg装着追加。
足首に2kgの重しをつけて・・って、、これは無理がありましたcoldsweats01
コンバットキックが・・・(笑)。

友人に言われました。
「今から何を目指すん??」

まあ、そうなんやけど・・・penguin

しかし、、この「タエボー」、ビリーズブートキャンプとは、似ているようで違う。

コンバットキックやパンチやフック(ホンマに私は何を目指すんや・・)みたいなんとかは、似てるんですが、違う。

何故か・・・。

次の日の筋肉痛のブショが違うかった(笑)。わかりやすい・・。

タエボーやり始めた最初のころは、背中の筋肉痛っていうのか、肩の筋肉っていうのか、その辺りにきました。
調子に乗って、久しぶりにビリーズブートキャンプをやりましたら・・・、太ももにきたpig

ああ・・違うんやと実感。

タエボーもいろいろあるみたいですが、私がやってるのは「AMPED」って、確か書かれてました。(多分)。

これにズンバをプラス。

しかし・・・・最大の問題があります。




体重が全然減らない・・・rain

ここ何ヶ月か、全然減らない・・・typhoon

ここまで減らなかったら、停滞期って言わないやろ。と、不安になります。

ただ、明らかに締まったって実感はします。

「無理、無理!!」って思いつつ、演歌歌手のように唸りながら(笑)、カウントをとってますと、途中体中の血液が逆流するみたいな感覚になります。


しんどすぎて逆におかしくなってきますrock

唸ってる自分がなんなんや私・・って(笑)。

その後が体が楽になります。
少々の頭痛はこれで直ります。

なんやろ(笑)。

健康第一。

動ける体に感謝。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

空気は読まない・・・を読んで

先週の木曜日、車を運転中、テレビから聞こえてきたニュース。

最近の天候は温度差が激しくて、ゴールデンウィークなどでは、旅行など日程をなかなか決められないとかいう話をしておりました。

なかなか気の早い話だとは思いつつ、でも世の中のサイクルってそんなもんかなあ。。って思って聞いていたところ、「如何ですか、鎌田先生」と振られた方が居ました。

鎌田實さん。
ご高名なお医者様です。

卵のようなお顔に、小さい目、めがねをされててお髭。
先生はこんなことおっしゃっておりました。
「そうですね、天候が変わるのは困りますが、そんな中でも愉しむようにしないといけないですよね」

そんなコメントでした。

「天候がわかりやすくて困る」
という話の流れの中、鎌田先生はいとも簡単に、当たり前のことを当たり前におっしゃっておりました。
周りのキャスター達は話につまりつつ、
「やはりせっかくのゴールデンウィーク、天候に恵まれたらいいですよね(汗)」、と言う感じでまとめておりました。だったら聞くなよ(笑)。

面白い人だなあと思いつつ、大好きな本屋さんへ。
お目当ての本を探して、習慣の「今週のベストセラー」を見る。
見るだけ(笑)。

そんな中で見つけたのがこの本。

Kamata

タイトルがさっきの鎌田先生のコメントにあまりにフィットしてまして笑ってしましました。

先生は今まで、「がんばらない」とか「あきらめない」とか結構ベストセラーを出されておりますが、恥ずかしながら読んだことがありませんでした。
でも、さっきも書きましたとおり、一応のベストセラーはチェックしておりますので、お名前程度位は、知っておりましたが・・。

読みましたところ、もう最初っから涙の出っ放しcrying

空気の読まないということは、巷で言われる「KY」とか、そんなレベルの話ではありませんでした。
先生は長野の諏訪中央病院の名誉院長をされてますので、内容にはやはり病気に打ち勝ったりする方の話も多かったのですが、それでも人として、おんなじ空気を吸ってる人に、こんな人たちがいたんだと、感動したり驚いたりするような方たちばかり紹介されておりました。
また先生の茶目っ気のある文章も楽しくて、お人柄を醸し出されてるんだろうなと思いました。
例えばアンパンマンの作者、やなせたかしさんや、HIV感染をカミングアウトされて今は国会議員の川田龍平さんのお話なども、泣かせるし、元気をたくさんもらえるものばかりでした。

天気で一喜一憂していたニュース番組。
そんな中で、その日の天気を愉しんだらいいんだとおっしゃる先生には、ただただ言葉だけでなく、世界中の厳しい厳しい気候風土の中で、たくましく生きる人々を触れ合っているから言えるって部分も感じました。

ひょんなことから読んでみた本。

これはかなりおすすめですhappy01

| コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月22日 (木)

花筏

Hanaikada

花筏が出来てました。

雨の多い毎日・・・rain

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

働くで・・・いっぱい・・2

そんなころ、はやりお店の体制も徐々に整えていきました。

といいますか、私が調理場に入れなくなってしまったのです。

いろんな理由がありますのでここでは割愛させて頂きます。もちろん私の病気の理由の一つでもありました。


自分ができること 一生懸命やればいい・・・・。


そして数年、、、

ここのところ調理場再デビューしております。

他のみんなはどう思っているか解りませんし、解らなくてもいいことです。

私的には、かなり凄いことなんです・・。


また朝から晩まで店で汗を流し、こういったサイトの運営やブログもふくめ、目一杯やると、思っております。

ただ・・・・・

人間には限界がある

病気で知った言葉です。



無茶はしません。


とにかく やります。

| コメント (2) | トラックバック (0)

働くで いっぱい・・・

最近思うことあってめちゃめちゃ働いております。

ばたばたばたと、走って歩いて、なんやかんやとやっております。

今までも、そこそこやっておりました、つもりですが・・・。
あるときからセーブし始めました。

「パニック障害」「うつ病」・・・・

ここ一年くらい、まあ、気持ちの上がり下がりはもちろん(誰にでも)あるのですが、こんかいわけ合って一人パートさんが抜けました。

義父義母も随分年をとった・・・。

私、もっともっとやらないと・・。と

でも

また「パニック」にならないのか、子どももいるし難しいのではないか
そして菊水の仕事にはきりがありません。

昔 20代の私、若若女将は、まず朝早くから調理場です。っていうか、前日の二時三時まで調理場でしたし。
仕出しの準備 義父も義母も若いから、ばりばりです。
調理場で小さくなって、そのころいたおばちゃんパートのNさんに仕事を聞き、社長に聞き、やっておりました。

盛り付け、洗物、
で、そうこうしてるうちに昼の来店のお客様の準備。

長靴から履き替えて、作務衣のようなもので髪やお化粧もそれなりに・・・。

で、今度は座敷です。

人手もいなかったし、こういうところで料理配るのも全く初めて。。

とにかく通常は「上座」からだよな・・ってな、そんな程度でした。

たまに手伝いに来てくれてたベテラン仲居Mさんに、なんやかんやと聞き出したり、やり方を見ていたり、で、自分で思ったこと社長を話し合って、菊水ではどうのこうのと、「菊水の女将」の原型を作って行きました・

終わったらお見送り。
片付け

へろへろになって調理場に帰ってから、また長靴。
料理屋の洗物の数はとんでもない量です。

そしてたくさんの鍋 バット、調理器具、まな板、などなど洗っていくと、一角に山ができますcoldsweats01

残飯は内の畑に埋めております。
お陰で畑はいい具合に土が肥えております。
一輪車で何樽もある残飯を畑まで運び、Nさんとふたり、「くさい~」とか言いながら、もって行きます。そして私もここで覚えた、、なんと「ユンボ」の操縦shine

畑の隅に穴を開け、どばっと残飯を入れます。で、土を被せるわけです。



ざっと忙しい一日の話を書きました。
よくやってたものです。
今もやってますが
それから店の経理など事務作業。


でもそんな毎日が、いやそんな毎日が理由ではないのですが、パニック障害になったのです。

子どもも小さい、店に出るのも怖い・・・。

病気が・・・・

閉塞感が募るばかりです。。

次のブログに続きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

ジン・キニスキーさん・・

プロレス話ですrain

往年の大レスラー ジン・キニスキーさんがお亡くなりになりました・・。
81歳とのことでした。

実際私は、リアルタイムにキニスキーさんのレスリングは見ておりません。
しかし、歴史に残るファイターでありました。
日本ではジャイアント馬場さんとの死闘は有名で、当時アメリカ最大NWAの世界チャンピオン、そしてそれに並ぶAWAの世界チャンピオンになったという偉業を残したレスラーでありました。

私が思うに、やはり本人の実力に、人間性もあっての。両方のチャンピオンへの挑戦であったと思います。
たくさんのプロレスプロモーターが、彼を尊敬していたから出来た偉業でもあります。

さて私は、実際ジン・キニスキーさんにあったことがあります。

2001年だったか、新生全日本プロレスの三冠チャンピオン決定戦の立会人として来日されていました。
その前に、ジャイアント馬場引退記念興行(東京ドーム 馬場さん没後 馬場さん・デストロイヤーVSサンマルチノ・キニスキー)という、まあコールだけ、コメントだけの対戦??ではあったのですが、元気な姿を見せてくれました。
ルイアームストロングばりのハスキーなお声。強面、でも少しだけ、腰が曲がっていたかな・・。
小橋健太がノアへ移籍後の新三冠チャンピオン決定戦。結果久しぶりの天龍のかかんだったのですが、当日そういったトーナメントもない高松大会に、リングサイドで試合をご覧になっておりました。
私は彼の斜め後ろに席を取っておりました。全くの偶然。

往年の凄さを、文面などで拝見しても、もちろん良くわからないのが正直なところ・・。
でも、当時、決してスターレスラーの多くない全日本プロレスにとって、リングサイドに坐ったキニスキーさんも、戦って無くても、ファンを喜ばそうとされていた馬場元子さんの策ではなかったかと思います。

第一試合から、身を乗り出してご覧になっておりました。

最後まで「シェイクハンド」を切り出せず、もう、いいおじいちゃんの雰囲気のキニスキーさんと、同じ空気を吸えて、同じ目線でプロレスを見れたこと、本当にいい思い出です。


きっと天国では、また馬場さんたちを熱闘を繰り広げてくれると思っております。

ご冥福を心からお祈りいたします。

| コメント (0) | トラックバック (1)

も一個のブログ始めました

も一個ブログ始めました。

まあ、三日月とうさぎの情報を中心に書こうとおもっております。
はじめてのブログのサイトなので、作り方が解らなくて戸惑いながらですが、なんとか完成???coldsweats01

よろしかったら寄ってくださいhappy01

でも・・一個でも更新がままならないのに 大丈夫かwobbly

http://ameblo.jp/mikadukitousagi/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

書道詩人てらきちさんの『ハワイの写真とインスピレーション言霊展』in菊水行います

今月29日 昭和の日
書道詩人てらきちさんの個展・書き下ろし・講演会を行います。
題して『ハワイの写真とインスピレーション言霊展』in菊水

15:00講演会 16:00書下ろし

てらきちさんの瞳はめちゃ綺麗ですshine
なんであんなに綺麗なんだろう・・・。

てらきちさんのプロフィールは ここで確認してみてください。

http://www.terakichi.net/profile.html

書き下ろしとは、
相手の目を見たとき、言葉が浮かび、てらきちさん自身も、どんな言葉になるか、最後までわからないそうです。

てらきちさんとは冬 会いました。
そのときのてらきちさんのブログ

http://ameblo.jp/terakichi88/day-20100113.html

とにかく、縁の深い方でした(私にとってですが・・)。
そして お会いしたのは偶然でした。

今てらきちさんはハワイにて創作活動をされています。

ハワイのスピリチュアルな写真に てらきちさんの言霊

とっても楽しみです。

お会いした方々は きっと心がすっきりされると思います。。

おいおいに てらきちさんのことは ここで書いていきますね

てらきちさんのサイト
彼の作品や姿勢がわかります・・

http://www.terakichi.net/top.html

ユーチューブ動画
最初は怪しい音楽から始まりますがご覧ください(関係者の方 すいません・・)

http://www.youtube.com/watch?v=wokrT1JYng0&feature=related





| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

庭・・・2010春

庭の写真、続きます。

最近社長がはまっているもの。。
ってか、毎年はまるんですが・・。

Koke

写真でわかりますか?
「苔」です。

中庭には、苔を植えておりますが、今年は特に凄い状態になってます。
苔 苔 苔

Koke2

Koke3

これからの夏は、とにかく水やりを欠かせません。
苔を貼り付け、土となじむ時間は、社長にはかなり、癒しになってるんじゃないかと思います。
お客様の評判も上々。
やはり、この苔も、日本人の好きな風景ですよね。

Nakaniwa

冬には寒々しい庭も、春の頃から、グリーンで一杯になります。
中央の槙の木、毛氈の近くには、馬酔木が植えております。
ピンクの可愛らしい花がつきます。
これは数年前、私が植えました。

Rouka

ガラス面も何も無い廊下。
昔は、すだれもありませんでした。
しかし、結構痛むのも早い・・。
全て手作業で取り付け(当たり前か・・・。)
廊下にはすぐ埃が・・。
昔ながらの箒で掃除です。
そして時折、一休さんのように、水拭き。

Genkan_2

今まで何度も撮った玄関。
私がここに来てもうすぐ14年。
暖簾も替えましたし、レイアウトも変わりましたが、この木枠の玄関ガラスはそのまま。
奥の花は現在、「こでまり」が満開です。

何度ここでお客様をお迎えし、お見送りしたのだろう・・。

いつまでたっても、私の一番緊張する場所ですね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

夜桜

菊水の桜 続きです

Sakura4

店の川沿い 南側から

Sakura5

今度は北側から

Sakura6

鴨部川対岸から
昨年も撮ってみましたが、夜桜はかなり難しい・・。素人の私は、必ずぶれてしまいます。
なかなか幻想的・・

Sakura7

桜って、本当に日本の春って感じですね。
専属カメラマンさん、ありがとう。。

お座敷の明かりが、少し見れます。

Sakura8

初めてうまくいった対岸からの写真。満足です。
三枚も載せてしまった。。

Sakura3_2

これからは、散り始めですね。

毎年風の強い日、ばあーーーっと桜吹雪。

毛氈の上一面にピンクのさくらの花びらが散ります。

そして、春を終えた感覚になります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

菊水の桜 風景

今日はとてもいい天気でした。
桜も満開。
お花見日和です。

菊水の桜写真、専属カメラマン(笑)にお願いしてたくさんとってもらいました。

Sakurayuugata3

Sakuraup ソメイヨシノアップcherryblossom

可憐ですねhappy01

Sakurayuugata

お花の色って、「○○色」ってたとえられない、なんともいえない、いい色をしてます。
天然の色っていいねえ~。

Sakura3

周りが徐々に暗くなってまいりました。
花びらも、少々寒いように感じてんじゃないかな・・。

Genkan

西日が差してきました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

桜・・ほぼ満開

本日の桜

Yozakura2010

Yozakura20102

ほぼ満開cherryblossom

| コメント (0) | トラックバック (0)

お遍路

昨日こんな本を買いました。

Ohenro

出版されたのが2005年で、ちょい古いし、著者の佐藤光代さんって方を全然知らなかったので、少々ためらいましたが、ぺらぺらっとめくってみると、イラストも楽しいし、結構読みやすそうだったので購入。
仕事の合間合間に読みました。

読んでいくうちにどんどん引き込まれ、あっという間に読んでしまいました。

著者の佐藤さんは、私より4つ年下。大阪のテレビ制作会社のディレクターをされているそうです。(2005年のプロフィール)。
般若心経も読めない、特に信仰心も無いというこの著者の方の、歩き遍路の道中のお話。今まで、須藤元気さんや、家田荘子さんなど、結構有名な凄い方の本は読んだことありますが、一番私の目線に近いようで、なんども感動して涙が出そうになりました。共感することがあるんでしょうね。「きっと、私もそう思うだろう」とか・・。

歩く工程1200Km。一日20~30Kmの道のり。山道あり、坂道あり、土砂降りの雨の日あり。強い風や、熱い日差し。一歩一歩歩くうちに、佐藤さんの話の内容が、どんどんシンプルになってきます。
重い荷物に四苦八苦していた始めのうち。あるお遍路さんに言われた言葉、「本当に大事なものが、だんだんわかってくるから」
自分で行こうと決めたお遍路。でも歩き、足に痛みが走るたび、だんだん回りに腹がたってくる。自分で決めてやってるのに、人間ってなんて勝手なんだろうと気づくとき。見知らぬ土地の人々からのお接待。お遍路さん同士の人間関係。
とっても身近に、日々感じるようなストレスを、そのときそのとき感じる。そして、歩いていくうちに、知らないうちに心の中で解決できていく感覚。本当に困ったとき、助けてくれる不思議な出来事。
今すぐにでも行きたくなってしまいました(笑)。

年をとって、お店の暖簾を下ろすことがあったら行ってみたいですね。区切り打ちでもいいですが・・。

社長が昔、料理人を始めた頃ついていた方が、お店を止めて、今先達さんをされています。
以前頂いた錦の御札。
Nisiki

この方は200回以上回ってるようです。
もちろん、車が主でしょうが・・。

この御札は、私のお守りです。

せっかく四国に生まれ、住んでいるのですから、行ってみたいです。
体 鍛えておかないと・・。



| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »