« GKの本 | トップページ | 私のスピリチュアルフード。。。 »

2010年3月16日 (火)

「さくら」 島へ・・・

「さくら」が里親さんところに行きました。

三週間前、公園で出会った「さくら」と「もも」。

以前ここにも書かせて頂きました。

「さくら」は、一番最初から抱っこさせてくれた猫でした。

ゆっくり近寄ると、ちょっとだけ怖がって、でもすぐ抱っこさせてくれました。
抱っこが大好きで、じっと腕の中でごろごろ言い始めました。

今回の猫ちゃんたちは、問い合わせの多い子達でした。

まず、毛の長いさくらへの問い合わせ、二頭一緒にどうか?とたずねると、即答でいいですよ、と答えた方。
あまりに、即答だったので、かえって私のほうが心配になり、お断りしたり。

なんやかんやで今回は、私自身もかなり、いつも以上に慎重になってたように思います。

仕事の疲れや、プライベートのストレスなど、結構きつかった三週間。
気持ち的にもネガティブになってたのかもしれません。

最初、何回もトイレを間違って、叱ったり、ストレスもたまったり、でも、天真爛漫なさくらは、周りの人気者になってきました。

そして今回、さくらが行ったのは、瀬戸内海の島のご夫婦のお宅でした。

丁度、長年飼われていた猫ちゃんの死があり、その子によく似ていたさくらを飼いたいと、おっしゃってくださいました。

毎回のことながら、里親さん探しは、かなりの労力を使います。精神的なものです。
電話だけで、やはり先方様のことはわかりません。
きっと、先方様もでしょう。

本当に一生大事にしてくださるか、それも実際、確証がもてません。
ただその時点で、その子を大事にしてくださる、という言葉を、信じるしかないのです。

今回の方とは、坂出で待ち合わせ。
お会いした瞬間、さくらを迎えてくださった奥様のお顔を見て、かなりほっと致しました。

本当に嬉しそうなお顔。

そして、さくらがきっと、幸せになると、そう、感じました。


さくら、もう会うこともないだろね。
三週間ありがとう。
さくらの可愛い鳴き声 忘れないよ。

幸せになってね。。

ありがとう・・・

Sakura3


« GKの本 | トップページ | 私のスピリチュアルフード。。。 »