« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

里親募集での怒り

子猫の保護。
なんか今年に入って、こんな話が多いですねsweat01

最近、野良猫の餌やりでも、事件がありました。
特に都会のほうでは、いろいろ問題あるのかなあと、結構考えてしまいました。

昨年の夏、今うちにいる「にゃあ」と出会って、私も近くの神社に、ほぼ毎日、通っていました。
多いときは十数頭いたノラ猫さん。
とにかくそのときの感覚は、猫を助けるっていうんじゃないですよね。
逆にネコさんたちに癒してもらっているような気がしました。
私以外にも、結構餌やりに来てて、皆さんそんな感覚ではないかと思います。

しかし
世の中には、野良猫に餌やりをするのも否定的な人もいます。
もちろん、様々な被害にあった方には、とんでもないことだと思いますが、そうじゃない人もいるように思います。

人様々 この件に関しては また後日、ゆっくり書きたいと思います。

さてこの保護、里親探しで、少し残念なことがありました。

春にうちの隣に、ダンボールに捨てられていた子猫達から、自然と里親探しをするようになりました。
そのときお世話になったのが、Tさん。

Tさんは、昨年も10頭位の動物の里親さんをしたとのことで、そのときも、Tさんにお尋ねしました。
どうやって探すの?って。

Tさんは、知人に保護活動を一生懸命してる男性がいて、その方に聞いたら、募集してくれる、とのことでした。どうも、サイトでの募集のようでした。
直接その方にお願いしようとしましたが、Tさんが、自分からお願いしてみる、とのことで、とりあえずお願いしてみました。
そうこうしているうちに5頭の子猫の里親さんを、見つけることが出来ました。

あるとき私の知人が、家族が子猫を保護したとのこと、どうやって里親さん探したらいいかな?という相談を受けました。
そのとき、その里親探しサイトへの掲載の仕方もわかり、自分でしてもよかったのですが、今までお願いしてて、急に自分でするのもなあ・・というのもあり、今までの流れどおり、Tさんにお願いしました。

引き受けてはくださったものの、Tさんが直接掲載するのではないので、なかなか掲載されません。
私も引き受けた以上、早く探してあげたいと思います。
で、催促してみました。
翌日掲載されました。

ところがです。その掲載翌日、知人からこんな連絡がありました。
「里親さんが見つかった」

どうも近所の方が飼ってくださることになったようです。

とにかくよかった。
知人は掲載してすぐ見つかったことで、お手数かけましたと、謝罪の連絡。
でも、もちろん 一番大切なことは、かわいがってくれる里親さんが見つかることです。

そしてTさんに、その旨連絡して、掲載取り下げのお願いをしました。
ところが返ってきた言葉が・・・・

「催促して掲載してもらったのに、すぐ見つかるって、相手の人にどういったらいいのか!」と、私に対する、非難ばかりです。

「その人と私の間の関係も おかしくなる!これからもお願いしなくてはいけないのに」

といった内容でした。

一瞬、訳がわからなくなってしまいました。

そして心底腹が立ってしまいました。

この場合、一番重要なことは、子猫を大切に飼ってくださる方が見つかることです。
知人も、いろんな方に声を掛けていたんでしょう。
無駄足になることは、逆にいいことなんじゃないかと。
目的とか、意図が違うのではないか。

私は、怒りで体が震えるくらいになりました。
でも、相手には謝罪しました。
特にもう、この方とのお付き合いもないだろうと。
もしまた猫を保護したとしても、この方には絶対に頼まない。

実はその前にも、Tさんにお願いしたサイトではないルートで、一頭里親さんを探すことが出来た際も、かなり非難されました。
そのときは、里親さんの非難です。
初めて子猫を飼うと言っていた里親さん。
でも、その誠意も感じました。丁重に書かれた手紙と共に、猫の写真の入ったお手紙も頂きました。
でも言われました。
「なんで初心者に渡すの?」

・・・・・・

じゃあ、猫を飼うのは、経験者じゃないとだめなの?
わからないながらも、一生懸命飼おうとしてる方でもだめなの?

いやいや他にも・・・って
もう、言い出したら私もキリがありません。

ある方に言われました。

結構保護活動して長い人は。自分の思い通りに猫の里親募集などしないと、怒るよ~・・。

おかしいじゃんか!それ。
猫との縁は本当に偶然です。
たまたま私の近くにいて、私が保護して、そしていつか飼ってくださる方が現れる。

もちろん、経験のある方には、いろいろ経験して、いろんな思いをしたのだと思います。
私の知らないことも多いでしょう。
でも、その猫の一生まで、我を通すべきではないと思うんです。

いかん。。。怒ってしまったbearing

こんな内容ですいませんrain

聞いてくださって ありがとうございました・・・

少し私も 頭冷やします・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

新しいコアリズムがキター

新型インフルエンザ・・・ってニュース見るたびになんだか落ち着かない今日この頃。
子供の学校も9月から始まりますから、気になるかたも多いでしょうね・・。
とにかく、手洗い、うがいは やらさなきゃsweat01
でもねえ・・学校って、うつるときはうつるんでうしょ、これは・・gawk
とにかく、皆さんもご注意・・

今日新しいコアリズム届きました
Core2

3月半ばにはじめた「コアリズム」
すでに5ヶ月が過ぎました。
最初は昨年夏に買ったのですが、「買っただけ」(笑)

以前にも書きましたが、一念発起ではじめました。
で、最初の2枚をやり続け・・
7月にニューバージョン購入

Core1













この一枚と、もう一枚を追加。この2ヶ月は、その2枚で頑張りました

結果・・

-11Kgscissors

最初の6Kgは早かった。
その後の5Kgは長かったbearing

でも、、、
確実に減ってくれました。なんせ食事制限はまったくしてません!
あ、サプリは飲んだな、「カルニチン」、DHCの(安いんだもん)

最初のコアリズムのときは、最後は余裕が出来て、コアリズムはじめる前に、「ビリーズブートキャンプ」の「腹筋プログラム」(20分だけ)やってました。すげーじゃん私(威張り)

かなりしんどいとき以外はやってました。ほぼ毎日。
結構楽しいんです。
7月に買った「ラテンシナジー」ってのは、ラテンダンスのいろんなのが入ってまして、サルサに、サンバに、チャチャ、パソドブレ、などなど、キツイんですが、ダンスって感じで、ダンサー気分でやってます。

思えばこの○十年、運動、体を動かすってことに、まず喜びを感じたことのなかった私。
体動かして汗かくって、まず「仕事」だけだったもんなあ~
それがこんなほぼ毎日、続くって思わなかったなあ~

1時間、みっちり動いて、その間、いろんなわずらわしいことを忘れてます。
(草抜きと一緒だな)

Tシャツびっしょりになってやってます

さて新しいコアリズムDVD
楽しみ~

(いっぺんに買ったら、割引になるのは、後で知りましたcrying


| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

草抜きタイム

菊水の庭は、夏は雑草で一杯・・・。
この草抜きが大変なんです。
草が多い上に、蚊が多い・・。

今日は午後お店が終わって、草抜きをしました。

庭の草抜きは主に義父がやってくれますが、間に合わないくらいの雑草。
昨日より、少々涼しかったので(いや、涼しいって言っても・・)、私もお手伝いすることに。

草抜き
私結構好きなんです。
何にも考えないで、ただひたすら草を抜き続ける。
これは一種の 瞑想だと思うのは私だけ?(笑)

草抜きって 性格出るんですよね。
義父が抜いた後は、まあ見事に草一本も生えてません。
長靴履いて、地面に腰掛けて、麦藁帽子かぶって、じっくり抜いてます。
こつこつこつと、きれいに片付けけいく。まあ、本当に、草抜きのプロ。

私は。。。
こんな感じ
Kusanuki3

右手が抜いたほう、左手がまだ。
結構 適当です(笑)

しかし、雨の少ない昨今。土も固くなっています。
地面に沿って生えているのは、結構とりにくい。
根っこがちぎれたり、でも、きれいに抜けたときは快感(笑)

とにかく もちろん一日じゃ終わらない
Kusanuki2

今日は結構蚊も少ないので助かる。
でも必需品

Kusanuki4

これは百均で買った、香りのいい蚊取り線香「青りんご」
いや 全然青りんごじゃないし・・・。

なんてこと考えながら ただただ草抜き。

ふっと頭によぎります。

この草はなんて名前だろう。
雑草って名前の植物は無いよなあ。
草も、高級な苔なんかに生まれてたら 抜かれなかったよなあ・・とかしっかし、こんな石の間から よく生えてくるよなあ。
この草達も、二酸化炭素の軽減に必要なんじゃないだろうか・・。
猫じゃらし大量だ!
草の中に植木鉢が(笑)
この品種は 水があまりいらんのやろうか。
この草、抜いたまま置いてたら、土が肥えるんかな
草も抜かれたら痛いかなあ・・。
いやだあ、芋虫!



なんて感じ。取り留めの無いことが心に浮かんでは消え、浮かんでは消え・・。

とにかく熱中しております。

汗はびっしょり。
コアリズムした後みたい。
顔からぽたぽた汗が落ちます。

でも夢中。

結構長時間やってましたが、玄関とこ、駐車場とこ、中庭んとこ
でもまだまだ雑草が一杯・・・・。
これ全部抜けたとしても、たぶん最初のとこから また草、生えてるやろうな・・・。

熱中症になりそうだったので、やめることにしました。
また今度。

とにかく、なんとなく気分が晴れる草抜きタイム。

今の菊水の庭は、緑緑緑です。

Kusanuki5

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

首の注射

お盆が過ぎて、一層暑くなってきました。
皆さん、ご自愛くださいね。

火曜日は定休日で、先日は病院巡りしてきました(笑)。ああ、情けない

首こりが酷いのは前からなんですが、以前うちのスタッフから、
病院で注射したら、一回で治りますよ、って聞き、先月行ってきたのが一回目。
しかし…

注射なあと、聞いて、してもらうまでの葛藤。
大丈夫なんやろうか、
副作用は…
癖にならんかなあ…

そうこう考え、しかしかなり 酷くなる一方。
思い切って行ってきました。

注射は全く平気な私ですが、部所は首(^_^;)
診察し、いよいよ注射

こわいやん(笑)

しかし、この苦痛から逃れたい一心です。
力が入り、なお、首が凝りそうになりました。

注射は…

痛かった(笑)
しかも、首なので、液が入っていく音が はっきり聞こえるんです(^_^;)
[チュルチュル〜]

いややわ…

本当に、カフェみたいな綺麗な病院。
最近病院もオシャレなところが増えましたね。
BGMなんか流したり、
歯医者さんなんて、テレビがあったり、個室になったりと、びっくりします。

高松のレインボー通りに近いその病院も、天井が高く、採光もバッチリ。
こんなお店いいなあ〜なんて思いますね(笑)

で、注射の効き目

嘘みたいに頭痛が治りました。
大丈夫か?って思う位。

まあでも、これは最終手段ですよね
なるべくしないようにはしたいです。

しかし首って、どうやったら、鍛えられるんでしょうか?

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

「しょうがない」って 思うこと

お盆はいかがお過ごしでしょうか?
お休みの方 お仕事の方 いろいろでしょうが、台風があったり、地震のあった地方の皆様は、ゆっくりできなかったでしょう・・。
お見舞い申し上げます。

菊水も毎年のことながら お盆正月はありません・・。
皆様のお休みのときに仕事されてる方はおおいでしょうが、かくゆううちもそうです。
私達はいいんですが、子供はまったくどこにも連れて行ってあげれないので、少々気が引けますが、お友達も来て、子供は子供で 楽しくやってくれてるようで。。
随分大きくなったものです。

最近言葉遣いの難しさに 改めて考えさせられる毎日です。

意思疎通って こんなに難しかった?なんて 思う今日この頃。

うちでも 忙しく 皆があわてて動いてるときはなおのこと、簡潔に適切に 物事を相手に伝えなければいけません。
でないと、結局お客様にご迷惑をおかけすることになります。

ただ、あわてたらあわてた分だけ、うまく伝えられなかったり、受け止める側も、意図をキチンと受け止められなかったり・・。
そういうときこそよく心の中で
「冷静に冷静に   落ち着け 落ち着け」と 
自分に言い聞かせます。

そして大きく深呼吸・・・

大体なんですが
そんなときは 大きく周りを見れなかったりで、必要以上に焦って、実際以上に
状況を大げさに考えてしまっています。
よーく考えたら やってやれないことはないことを  うまくできなかったり・・・・

とにかく 思うようすることは 自分のできないことは 周りにおきない  って
考えよう。。。。と 

解決できないことは 起こらないと

で、もしかして 自分の力では どうしようもなかったら これは 
「しょうがない・・・」って 思おう・・って。

案外そう、考えたら 物事がうまく回ります。

「しょうがない」

一見ネガティブでも 結構大事かもしれません

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

元気でね 「みい」

やっと香川も梅雨明けです。

水不足も心配しましたが、梅雨の後半 しとしと雨で なんとか今のところ 大丈夫のようです・・。

さて今日 徳島大歩危に 行って参りました。

春から五頭目の 子猫を里親さんの元へ連れに。

約二週間前、また子猫を拾いました。
こういうのは、なんだか重なるのか、目に付くのか、

なかなか人間によらない子猫。
いったん うちに帰りました。
でも、気になって、夜にまた 子猫の元に。

結局 二頭保護するのに約40分。
途中、この子達は、人間に捕まるのは、いやなのか、やめたほうがいいのか、結構葛藤致しました。
でも、やはり連れて帰りました。

こういうのは 「縁」と、言うのでしょうか・・
40分かかって保護するのを 縁というのも おかしいのかもしれません。
でも、二頭とも やはりおなかを こわしておりました。

病院へ行き、ノミ駆除 おなかの薬を頂いて 保護生活です。

一頭は 里親探し開始すぐに、飼って下さる方が現れました。

後一頭。
捨てられたときも一緒だった兄弟がいなくなり、極端に甘えん坊な子になった「みい」。
私の後ばかり追って、でも、私も仕事がありますし、ずっと一緒にはいてあげれません。
このあたりは、本当の子供と一緒です。

気がかりだった里親さんが、やっと見つかりました。
あるサイトに掲載後すぐご連絡頂いたのが、徳島 大歩危のご夫婦。

車で2時間以上かかるところですし、結構不安に思ったものの、やはり自分で 連れて行くことに決めました。


昼の仕事終わって走ること二時間弱 。 着きました。
本当に空気の美味しい、素晴らしいところでした。

Iya

Iya6

おうちに招きいれてくださり、玄関の横に まっさらな猫用トイレ。

「どれだけ 砂 いれたらいいかなあ・・」

奥さんの声に私が砂を入れる。

「みい」を そっと廊下に下ろす・

「きょろきょろ」した後、思いのほか元気に走り回る「みい」

・・・・・よかった ・・連れてきて

Tさん ご夫婦の 「みい」を見る優しいまなざしで そう、はっきり感じました。

「みい」は、この お山のおうちで 一生暮らすやね。元気で 幸せになりなよ。

捨てられていたところで、逃げ回った「みい」

草むらに隠れて、おなかを 壊して、餌がなかなか食べれなかった。
でも、私に本当になついてくれて。
人間が大好きになってくれた。

「みい」は もう捨てられたりしないよ 

Mikiti












兄弟がいなくなったかわりに 「ぶたさん」のぬいぐるみと寝ていた「みい」だけど、
もう、本当の家族がいてくれる
Mikiti2


いつまでも元気で。
Tさん 宜しくお願いします。


帰り道 きれいな吉野川の流れ
Iya5












Iya4












私も 充分に英気を養いました。

子供にも いいドライブになったと思います。

「みい」がくれた 里親さんとのご縁。

ほんと   ありがとう

元気でね



| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »