« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月20日 (土)

負の思い出 正の思い出

「時」というものは、不思議です。

でも、確実に刻まれ、確実に進んでいっております。

私は、「日にち薬」という言葉が好きです。

どんなに悲しみに打ちひしがれても、苦悩の中にいようと、いつか前を向いて歩んでいける日が来る。

そんな意味が、この「日にち薬」って言葉に、含まれているように 思えるのです。

先日、年上の女性の知人に、こんなことを言われました。

「もし 今が悲しいならば、実は本当は、その悲しみは、昔、体験した悲しみを、思い出しているだけかもしれない」・・・と。

たいへんだ、苦しい、しんどい、、なんでこんなことばっかり、私に起こるんだろう・・。
そんな時考えてみればいい、
もしかしたら、そういう今は、自分で引き寄せてるのかもしれないよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日のおやすみ 五色台に行きました。
坂出と、国分寺にまたがる五色台。
本当に久しぶりです。

五色台っていうのは 香川の方ならご存知でしょうか、連峰になっておりまして、瀬戸内海国立公園の一部にもなっております。
見晴らしもよく、瀬戸内の海、島、そして、瀬戸大橋もきれい。。
当日も晴れて 久しぶりに見る景色に 心があらわれました。

この「五色台」の命名は、弘法大師とされております。

山中には、四国八十八箇所の お寺もあります。


本当に 行こうと思って、車を走らせたわけではありませんでした。

ここのところのめまいがあり、所用で車で 高松市内に走らせたのでしたが、
いろんなことが 頭をよぎります。

取り留めのない思考
考えてみましたら、危ないものです。
運転したのですが、実はそのときのことを 今思い返しても、あまり 覚えてないんです。

西に西に走らせて、気づけば、坂出。
看板に 「白峯寺」と ありました。

http://www.shiromineji.com/

お寺の詳しいことは ↑のサイトで ご覧ください。

少し離れたところで下車、500m 歩くようです。

汗をにじませながら 歩く・・。

お遍路さんは 大変だ。
途中 観音様の 石造が並ぶ。

左は瀬戸 右手に観音様達。

木々 草の香り 野生の枇杷

そして お寺の入り口の手前 大きな木が たっておりました。

Siramine1

木にもたれかかってみる。
手のひらを合わせ 額をつけてみる・・。

どんどんと 自分が子供に戻っていく感覚になる。

小さい私 
もたれているのは・・  これは 大きな背中 老人のような気がする。
おばあさんに もたれている感覚

まだなんにも わからない私が 大きな懐の 優しいおばあさんに もたれているよう・・


涙が溢れてきた。

ここのところ 素直に泣けない自分 
感情が 溢れてこない自分

でも 


数分後 木を見上げる

Siramine2












木の名前は わかんないんです。
くすのきでしょうか・・。

境内に入り、いろんな神様 仏様 手を合わせる

祈る。

なにかを お願いすることはしない。
ただ 祈る。

般若心経を上げ 真言を上げる。

かなり広いお寺。


さあ、帰ろう・・・。

Siramine3




帰り道 面前に瀬戸の河口 
写真が下手でごめんなさい・・。

帰りは なぜか 微妙な登りみち

でも 行きは結構時間がかかった気がするが 帰りは案外早い。
これも 一度自分が 通った道だからだろうか・・。

なんとなく 八十八箇所 歩いていってみたいなあと 思った。
昔 元格闘家の 須藤元気が 八十八箇所を 歩いて回ったことを 本にしていた。
途中は自転車だったようだが、あの人とは 体力が違うかな・・・。

うちの店がある長尾は 87箇所 88箇所目の お寺がある町だ。
お遍路さんは よく見かける。

歩いているお遍路さんも ちょこちょこ お見かけするが ほとんど男性で
真っ黒に日焼けしている・・・。

うーん・・
やっぱり 歩くのは 少しにしようかな・・
などど
たわいのないことを考えながら 車に乗り込む。

帰り道 うっそうとした木々。

帰ろうと思った私を 引き止めた看板

「根香寺○○km」

実はこの根香寺も、八十八箇所のお寺の一つ。

地元では 心霊スポットで有名ではあるところ

お寺のサイト

http://www1.plala.or.jp/negoro/

でも まあ、昼間 行ってみよう。


きれいな空気に 感動した。

牛鬼の像に びっくりしたけど、境内に入ると 長い長い 谷のような階段。

紅葉の緑が美しい。

右手に 大きな石造

覗いてみると、役行者が やさしい微笑みで 迎えてくれた。

本堂前 般若心経

祈る・・・

白峯寺に比べたら 規模は小さいお寺だったけど、今でもまた 行くたくなる

あの 森の中で 行者に出会えたような 嬉しさ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


帰りの車の中で 心が ほんの少し開放さてたような気がしました。

なぜだかわかりません。

ただ 祈りを しておりました。
そんな 時間を 過ごしました・・。

知人女性は言いました。

過去に負った 傷は 覚えてる
でも 過去に感じた 喜びも覚えてる。

ならば・・・・

未来は その喜びで迎えると 心に感じさしたらいい。

あなたは 経験してきたでしょ・・。
嬉しいことも 悲しいことも・・・

だから
これから また 悲しいことが起こったらと 負の思い出を 未来に当てはめるか
きっと いいことがあると 正の思い出を当てはめるか
それは 自分がすること・・・

心は 自由だから
誰にも束縛されない

加寿美さんが 好きなように 思えばいい


とても 長い話になりました

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

一プロレスファンのつぶやき・・。

今日は 一プロレスファンとして 書かせて頂きます。

一昨日6月13日 プロレスラー 三沢光晴選手が亡くなりました。

すでに多くの報道媒体で この事故を目いたしました。
事実を 目に致しました。

13日23時過ぎ 当日のプロレス試合結果を見るため 有料携帯サイトを開く。

これは私にとって 毎日の日課のようなもの。
新日本は ベスト オブ スーパージュニアもやってる。
ノアはGHCの タッグチャンピオンシップもやっている。
大好きな全日本プロレスは試合はないけど、こうやって毎日 携帯を開くのは、私の数少ない楽しみになっている。

そこで目にしたのが
「三沢 心肺停止」


そうか・・三沢 怪我しちゃったんだ。
心肺停止って、どんだけひどいの・・?

考えてみれば その状況が危ないのは、その言葉でわかろうはずなのに、
私にはわからなかった。
本当にわからなかった。

三沢の命があぶないはずがない。
あの三沢が・・、ましてプロレスの試合中に。

三沢は、以前プロレスの試合で、ジャイアント馬場さんを泣かしたことがある。

「馬場さんが泣いています!!」

対 小橋健太戦。

そこまでやるのか、そこまでやんなきゃいけないのか・・。

骨折しても、意識が飛ぼうと、三沢はやり続けた。
プロレスをやめなかった。

またジャイアント馬場さんの話。

ロビーにいた馬場さんが、会場内で練習中の選手の 受身の「音」を 聞いていた。
何気に聞いていた馬場さんが言った。

「今のは三沢だな。」

音でわかる三沢の受身のうまさ。

「お前休め」
「いや、休みません」

「いいから休め」

「いや 出ます。」

そういったやりとりも あったと聞く。

常に満身創痍。ガラスのエース。

でも、三沢は戦い続けた。


ネットでは 「三沢死亡」のニュースが流れる。

いや、信じない。
ノアが公式に伝えない限り 信じない。
三沢は大丈夫だ。

きっと、多くのプロレスファンが そう、思ったに違いない。

軽いめまいが起こる。

ここのところの多忙で、神経も高ぶって、疲れているのに眠れない。
めまいがひどい。

そして ノアから正式発表。

めまいがひどくなる。自分の立ち位置がわからなくなる。


対戦相手は、、齋藤選手。
彼は今 どうなっているんだろう・・。

プロレスは、受身のスポーツだ。
受身の下手な選手には 技が出せない。試合が成り立たない。
総合格闘技とはまったく違う。
総合格闘技は受けない。いかに防御するか。

プロレスは受ける。受けて受けて、受けきって勝つ。
三沢は その典型的なレスラーだった。
受けて受けて受けきって、そして、エルボーで反撃にでる。
「エルボーの貴公子」
エルボーをするたびに 当時プロレス実況の福沢アナが 「ファイヤー」と叫ぶ・・。
そんなところを、プロレスファン以外は、「おかしいじゃん」という。
「あんなとこ、かわせばいいじゃん」という。
いや 違う。
だから すごいと思う。だからなによりもタフで、人間くさくって、わくわくして・・。
実際生観戦したらよりわかる。レスラーのタフさ。

そして・・・
巡業へ出る。
昨夜 大技くらって 痛い思いして、でも、次の日バスで次の会場へ向かう。
全国、大きな会場から 小さな会場まで。
リングをトラックに積んで、全国を回る。

そんなタフさを持ったレスラー達を 私は尊敬する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いったい 何かいてるんだか わかんなくなってきた。

翌日 14日 プロレスリングノアの選手達は 博多にいた。
前日事故のあった広島から、博多に移動し、「興行」を行った。

目を真っ赤にし、一睡もできなかったのは 容易に想像できる。

絶対出来ない。私には無理だ。

小橋が泣いている。秋山も泣いている。
ファンも泣いている・・・・。

齋藤選手は 入場時より 泣いていた。
そして ふっきるように、攻撃をしていた。

そして試合終了。

大泣きに泣きながら、三沢の遺影に 土下座した。
ファンに土下座した。

涙が尽きない。

会場のファンは 大齋藤コール。
誰も悪くない。これは事故だ。

三沢は無理をしてきた。無理しすぎた。レスラーとして、経営者として・・。

「お前休め」と 言ってくれる人がいなくなった・・・。

一晩中 三沢の遺体の前で過ごしたという齋藤。
気持ちを考えると、また胸が騒ぐ・・。めまいがする・・。、

しかし・・・・・
なんという人たちだろう・・・。
あんな大事故の次の日 心身疲労もピークだろうに、彼らは巡業に向かう。
ファンが待ってるからと、バスを走らせる・・。

本当に一ファンのつぶやき・・。

とにかく 私は プロレスを応援する。
ずっと・・。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

レジに書く宛名

私は「ぼやき」かと思う今日この頃。
自分に余裕もなくなってきているような感じです。
忙しいことはいいことですが 自分のキャパの狭さに 結構情けなくなります・・。

今日 近くのホームセンターに買い物に行ったときのこと。

一通りの買い物を済まし、レジへ。

私の前には二人ほど、幼稚園の子らしい子供のをつれた 、推定三十代の女性。

レジのアルバイト君が 会計をしたとき、
「領収書もください」

その女性。

「宛名は・・・」
アルバイト君。

「○○○・・」

女性が宛名を言ったのですが、アルバイト君には、その漢字が わからなかったようで・・。

「え~っと、どのような漢字・・・」

「○○へんに△△・・」

それでもわからないアルバイト君。

女性は そのとき アルバイト君から 急いでペンを借り、宛名を書き出したのです。

どこにだと思います??

まあまあ、私にもこういう経験あります。
会社名も、わかりやすいお名前とか、漢字とか・・。
焦って、簡単なのも わかんなくなります・・。

で、その女性、アルバイト君に宛名を教えようと、書き出したのは なんと、
レジの台にでした(苦笑)

はあ・・・? そこ書くっ。

心の中で 私は その女性に 突っ込みを入れたのは 言うまでもありません(笑)

で、アルバイト君も その漢字を見て、納得し(笑)、領収書を完成させたのでした。

レジに書いた文字を 指先で がーっと消そうとする女性(笑)

消えないやろ、マジックやし。


なんか・・・・・
感想言うのも 疲れてきました(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

花ショウブ

6月・・。
毎年思う 「経理事務」がほしい・・(笑)

懲りないやつめ、また、ためてたのか・・(^-^;

まあ、あわてないで そして急いでやります。

さて、近所の亀鶴公園も、今は花ショウブ 花盛り

Syoubu

Syoubu1

日曜日には いろんなお店が出て、かなりにぎわっているようですが
ほぼ毎日 時間があれば行く私の感想を致しまして、
お花を愉しむのは 絶対 平日のもんですよ。

なんせ すいてる(笑)

ゆっくり 花ショウブの間を歩いて、少し しっとりした空気を感じながら、
ゆったり時間を過ごす・・・。
う~ん、、、いいんですねえ~

で、花ショウブ近くにいるこの子

Kurotyan

通称「ムスコ」(笑)

この子には 同じ黒猫のお母さんがいまして、大きいのに お母さんにべったりで、
骨太なのに 甘えっこです。
最近 お母さんの姿が見えず、たぶん 春出産をしたと思うんですが、いないんで
この子は ここに 一匹でいます・・。

杜の方には 近所の大きな猫が居て、怖くって、花ショウブのほうの ベンチにいます。
かなり 人懐っこくなってきてますので、見かけたら、なでなで してあげてください。

今日も一日雨模様。
雨の中の花ショウブ 結構素敵ですよ。
平日 平日ですよ、店は出てないけど。

お祭り気分の味わいたい方は日曜日。
でも、結構混むみたいです。

今 おすすめです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

「愚痴」は言わんとこ

「愚痴」・・

聞くのって 嫌ですよね。

でも案外、自分は言ってたり。。

なるべく言わないようにはしています。だって、言ったも疲れるんですよね、「愚痴」って。

こんな経験ないですか?
「愚痴」聞いてて 頭痛くなる。

私、すっごく 痛くなる(苦笑)

やはり聞いてたら、この人の悩み、なんとかならないかな、どうにかしてあげれたらなと、思うものです。
思わない?
いやあ、思うでしょ・・。
で、「じゃあ、これこれ こうしてみたら、いいんじゃないかなあ~」

って言うでしょ。
で、ここで言われるんが、
「そうやなあ~  でもなあ ○○やからあ~」

じゃあ、
「これこれこん感じにしてみたらどうかなあ~」
そしたら・・
「そうなんやけど、でもなあ△△やからあ~」

で、
「ほしたら、これこれこんな感じに 思うしかないやん~」

そしたら
「そうなんよお~ でもな、□□やしなあ~」


・・・・・・。

じゃあ、結局 どうにもせんってことやな。

そう、これが 「愚痴」なんだと、
ただ、この人は 言ってみたいだけなんやと、私は気づきました(笑)

で、最後にこんなこと言われる。
「あ~あ、余計いらいらしてきたわ」

おいおいおい

そうなんです。
愚痴って 言ってたら余計 いらいらするもんなんですよ。
すっきり してくれたら こちらも聞いたかいが あるんですが、いらいらされて アタマ痛くなってたら たまったもんでない・・

いやいや これも愚痴か(汗)

しかし・・・
おっしゃるとおり、「愚痴」って、言っても、すっきりするものではないんですよね。
では なぜ 言うんでしょう・・・。

いろいろ考えたあげく 思いついたこと
そう、「共感」だ。
「共感」してほしいんだ。

「ええ~ そんなんは しんどかったはねえ~」
「○○さん、よおやってるわあ~」
「大変やねえ~」

そういってあげたら 相手も納得する・・。

そう、思いません?

結論。

みんな ストレス たまってるんやなあ・・

そうそう私だって(苦)

でも私は 料理屋することと 「愚痴」聞いてあげることしかできないんよ・・

そうやなあ・・

菊水や三日月とうさぎに来てくださったお客さんが 少しでも ストレス解消になるように、
やらないかんよな・・。

話変わってしまいました。


なるべく「愚痴」は 言わないようにしよっと。
エネルギー使うし。
疲れるし。

そうそう・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

「じいじ」「ばあば」

掲載してた、にゃんこさん達 里親さん 見つかりました。

先週の火曜日に出会って8日間。すっかり、居なくてはいけないような存在になりそう・・・なところを ぐっと抑えて、明日 里親さんの元へ 連れて行く予定です。
すでに 泣きそうです。
やばいです。

でも、ほんの少しの間だけど、会えてよかった。
にゃんこ達 ありがとう

しかし・・・・・
いや、泣かんよ、 私!うん・・。

話を変えよう・・・。

いきなり
「じいじ」「ばあば」

こんな呼び方、最近ちょくちょく耳にします・・・。

週刊誌なんかでも 見ます。

どうやら 「おじいちゃん」「おばあちゃん」という 意味のようです・・。

・・・・・。

いや、いいんです。
どんな呼び方でも。
人それぞれですから・・。

でも、いいんでしょうか??本当に・・?

うちの祖父は明治生まれ。うちの子が生まれて2ヵ月後に亡くなりました。
とにかく 明治の人らしい、頑固じいさんでした。
お風呂は一番風呂。食事は上座。
男子厨房に入らず。。
戦争に行き、戦争に明けくれた青年時代。
終戦、
とにかく ちょっと おっかない祖父でした。
祖母は大正元年生まれ。
私が結婚する一年前に亡くなりました。
亭主関白な祖父に 文句言いながら、口の悪く、結構タフな祖母とは、私も大いに口げんかした覚えがあります。

思い出話をしたら きりがないけど、当時は 核家族みたいなの、かっこいいなあ、なんて思っておりましたが、今にして思えば、祖父と祖母のいた、あの空間が、私の故郷になっております。

私は祖父達を 「じいちゃん」「ばあちゃん」と呼んでおりました。


で、どうしたんだって言いますと・・。

どうも私、「じいじ」「ばあば」が なじめません(笑)

だって 召使いみたいなんだもん。
お年よりは 孫より うんと人生経験積んできてる人なんです。なーんか、違うんじゃない?まあ、感覚の違いでしょうか・・。
どうも、その「じいじ」「ばあば」の子供が、そう、呼ばせてるんじゃないかと 推測されます(笑)。

いや、いいんですよ、人それぞれ。。

でもね。。
なんだか とってもお気軽な感じでね、どっかのお店で買ってきた「祖父」や「祖母」のような、気がするんです。
ほら、根拠はありませんよ、なんせB型ですから(笑)

まあ、呼び方より 心かな、。

すいません、細かいこと言って・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »