« 宝物の一つ | トップページ | 月の写真 »

2009年3月11日 (水)

器選び 店作り

昨年始めてなってしまった「花粉症」。ここんとこ、鼻がむずむずしてまいりました。
こういう場合、早めに病院へ行ったほうがいいのでしょうか?もっとひどくなってからでもいいのでしょうか?勝手のわかんない二年目の花粉症(^-^; 今年は治ってたりはしないんかな?
さて先日、うちの開店当時からのお付き合いの器屋さんとお話をしておりました。
「最近いそがしいですかあ~?」
「まあ、ぼちぼちですね~」

と、べたな会話・・

「新規のお店は行ってるん??」
「いや、今は行ってないです」

ここの会話、いつもと違うやん。

だいたい皆さんお分かりだと思いますが、業務用の器屋さんは、新規オープンのお店は
一番売り上げを上げれるところ。
始めから購入していくから、そりゃあ、そうでしょう。
ちょっと前までは、行ってますよ~って話だったのですが、行ってないって、どういうこと?

器屋さんの話はこういうことでした。
お店をオープンさせるときに、設計などしてくださる、いわゆる店舗設計の先生んところの方が、なんと器までえらんでくれて、しかも購入の際に そのコーディネーターさんに、手数料を払わないといけない、というんです。

おいおいおいおい、ちょっとまってよ。
軽い怒りを覚えたのは 気の短い(-゛-メ)私の特徴ですが・・。

もちろん 手数料云々で起こってるのではないんですよ。
そりゃあ、仕事してもらったら 料金は発生する。当然のことです。
一番腹立たしかったのは、なんでお店の器まで、業者さんまかせなんや、というところです。
私たち飲食店は、食べ物を提供して、お客様に召し上がって頂いくことを生業にしています。
でも、その料理を盛り付ける器を、なんで他人任せにするんや!
料理の個性、店の個性、それは、店にいるものたちのキャラになります。
店のコンセプトも、もちろん自分で決めないといけないと思います。
その中で、店の設計、小物、インテリア、そして器。そこは、譲れないと思うんです。
もちろん助言は、素直に受けて、あとは自分の中で消化させて、練って、店作りが出来ると思うんです。

もちろん、専門家の方々に決めてもらうのは、無難だし、最初はいいかもしれません。結構おしゃれで、今風なものができるでしょう。
でも、オープンとともに、その専門家の方々は、店からいなくなります。あとは自分の勝負。
自分が抱く店への想いは、日々店に反映されていきます。
そして他人任せのお店は、徐々に違和感を感じさせるようになるんじゃないかと思うんです。
その違和感が 私にはとってもさびしく、また お客様にたいする「おもてなし」に、マイナスの影響を与えてしまうんじゃないかと 思うんです。

大変だけど、一個一個自分の頭をフルに使って、考えて選んで、一番自分がいいじゃん、って思うもので お客様をおもてなしする・・。私はそっちのほうが お客様に対しても、店主も思いが伝わるような気がします。

器屋さんが言ってました。
「なに選んだらいいかわからない・・っていう感じらしいです」
もう愕然です。
はっきり言います。そういう方は お店しないほうがいいです。

自分もえらそうなこと言えませんが、いろんなこと勉強して吸収して、少々時代はずれでもいいんです。「思い」を込めて店作りすれば・・。

またまた怒り爆発してしまいました(^-^;

かなりきついこと書いてしまいましたが、自分も反省しながら、もっと勉強しながら
お店も向上していければ いいかなと思っております


« 宝物の一つ | トップページ | 月の写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90284/28565374

この記事へのトラックバック一覧です: 器選び 店作り:

« 宝物の一つ | トップページ | 月の写真 »