« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

子育てと仕事

桜が開花してから、香川では急に冷え込んでまいりました。
灯油がなくなって、あわてて買いに走る・・・。重い、腰に来る・・・(-_-;)
しかも子供がアレルギーなのか、風邪なのか、咳もひどいし、鼻水もすごい。
薬が効かないって、いったいどうなってるんだろう・・・。喘息もあるので、心配です。

仕事をしながら、お子さんのいるお母さんは、大変です。って、私もですが、学校へ行ってる時間はいいのですが、夜のお仕事なんかの方、また、病気になった子供がいて、どうしても仕事にいかなくっちゃいけないとき、世話してくれる人がいなかったり・・・。大ピンチです。
子供のことは気になるけど、仕事も休めない・・・。そんなときのお母さんの葛藤は、よくわかります。
私も最近 結構宴会のお席に出れるようになりました。
って言いますか、元気になってきたのか、使命感だ出てきました。
「うつ」で、どうしても元気のでない、そんな数年の時期を過ぎ、最近ようやく、ペースがでてまいりました。
そこで、子供のことです。
ここのところ夜は休んでいた私・・。急にお店に出るようになっても、なかなか周りの理解をえれない場合があります。
仕事に出る前に疲れる・・・ってことも、これは前からありました。

息子も四月から四年生。しかも恵まれていることに、職場が隣。
こんな状況なのに、苦を言ったらいけないですよね・・。

息子が生まれたとき、主人にこんなことを言われました。
「商売人の子は、こんなもんじゃ・・・」
赤ちゃんの息子を、籠に入れて、実家に連れて行って、帰りも寝てからの帰宅。
こんなことしててもいいんだろうか・・というときの言葉でした。

へそ曲がり(笑)の私は、「商売人の子供」だから、目が届かない、ほったらかし、ってことだけはしないんだ!と気負いました。
実際社長も両親が商売をしておりました。
うちには、ばあちゃんとじいちゃんだけで、じいちゃんが怖くて、そとでいつも一人遊んでいたそうです。
上二人の義理の娘も、そんな感じだったらしいです。
だからなおさら、時間の許す限り、なんとかそばにいよう!と思ったものです。
そんな無理も 私の体や精神状態に 触ったんだと思います。
でも、もうそんな息子も4年生になります。
休みの日も、どこもつれてってあげれないのですが、友達のうちに行ったり、来たり、母親といるときより楽しそうです。

なんやかんやと、喧嘩の多い私と実家の母親ですが(笑) でも、よく息子をみてくれています。
子供は 知らないうちに大きく成長して、難しいなと思うこともよくありますが、でも、確実に大人に近づいてきてるんですね。
まだまだ 甘えっこのところも もちろんありますが、でも、すこしづつ私も息子も、「子離れ」「親離れ」しないといけない時期ですね。

とにかく、子育てしながら仕事している人 本当に多いことだと思います。
そんな方々と お話して、励ましあっていきたいなあ・・・・。

さて 菊水の桜 
3部咲き位かな・・・。

Yozakura_3bu

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

物忘れ・・・

3月に入って、特に開花宣言以降、連日忙しい毎日を送っております。
ありがたいことですが、社長も体にかなり負担が来てるようです。とにかく、なんやかんやとスタッフみんな、頑張ってくれています。
こ1~2年、私の物忘れのひどさに呆れております(-_-;)。なんでそんなこと忘れるんや・・と、自分で自分を責めてみたり、情けなくなったり・・・。
同年代の方って、どんなもんなんでしょうか??
「うっかり忘れ」じゃないんですよ!本気で忘れてるんです(苦)。病院の先生は、「覚えなきゃいけないことが多いからですから、あんまり深刻にならないように」みたいに言われました。
メモとらなきゃいけないよな・・・。でも、メモするまでもないってこと、忘れるもんなあ・・・(-_-;)。
そんなことが最近の私の悩みの一つ・・・。

で、まったく話は変わりますが、「三日月とうさぎ」の携帯サイトあるの ご存知でしょうか?
随分昔に 告知したんですが、実はあんまり更新してなくって(笑)、改めてご案内してなかったんですが、ここんとこ、結構書き込んでおります。
往々にして、自己満足になっておりますが(-_-;) よかったらよんでみてくださいまし。

http://www.haifu.jp/usagi/i/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

菊水桜 開花宣言!

         090321_162102 昨日 菊水の桜 開花宣言です(*^-^)
何個か花が 開いていました。
昨年も書いたけど、早いのかな??
もう、ピンクのつぼみが 結構膨らんでいます。

一年って 早いですね。

春は苦手ですが 桜は好きです。
日本中がこれから 桜色になるんですね・・。




090321_161751


今の時期満開の 緋寒桜(この漢字でいいんかな?)
花が 下に向いて咲きます。
お客さんが 今一番喜んでくださいます。
台風で 木も倒れ掛かってたんですが、
生命力が強いのか、結構大きな木になっております。





090321_161900_6

水仙・・・
お庭のいろんなところにあります。
黄色いのとか、大き目のとか・・
ほとんどおばあちゃんが植えてるんですが 
一箇所 私が植えた、真っ白の水仙もあるんです
咲いたら掲載しますね

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

DM作り

DM発送で、疲労の女将です・・(ρ_;)。手伝ってくれる人ががんばってくれて、やっとできました。約1000通。印刷はさすがに業者さんに出すようになりましたが、500枚くらいまでは、自分で印刷していました。
人間必要に迫られたら、いろんなこと考えます。コストもかかることですので、なるべく自分で・・ということになりますが、時間的体力的に不可能になってまいります。しかしまだ、封筒詰め、封印、発送会社のシール、そして、お客様のお名前シールは、なるべく自分ではります。「念を込める」んです(笑)。うそですよ。。お顔をなるべく思い出しながら、対話しながら貼ります。それも怖いか(゚ー゚;
とにかく DMを発送し始めてもう数年、手作業しながら こつこつやっています。

今回は 3通送っています。
ご登録いただいておりますお客様には 近日中にお届けできます

菊水よりのDMがご入用のかたは ご連絡くださいませヽ(´▽`)/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

雨の夜に想う…

雨の日。夜、宴会の合間に除く中庭の風景は、私の好きな景色です。
苔も緑が顔を出しはじめ、庭に咲くカン桜、レンギョウ、佗助…。
子供と一緒に落ち葉を集めて焼き芋をしたのも、つい最近の事のようです。
シンボルツリーのクヌギも、新緑に備えて、小さな芽を出し始めました。
五月頃には、庭も緑で溢れるんでしょう。
つくづく季節のうつろいを早く感じる歳になりました。
あまり自分から、『としやなぁ…』とは思わないようにしておりますが、こんなときに、人生の折り返しを感じてしまいます。
まだまだやりたいこともありますし、夢もあります。
私自身の人生の課題も、掴み兼ねている状態…。
そして人として、進歩しているのだろうかと、難しく考えたり…。
雨の日は、『考える人』になりますね。

今、友人の書道家の方に頼んでいるものがあります。以前にも紹介した、私の大好きな詩、新川和江さんの『わたしを束ねないで』の、オリジナルの額をつくりたい、そして出来たら、『三日月とうさぎ』に飾りたい。
今は、いい額縁を探しております。
ある意味あの詩歌は、私の心の中のものを、表現してくれています。
私も、よどみなく、いつまでも流れ続けていく川のように生きたいものです。

090313_211417 090313_211345

090313_211404  やはり 雨の感じがでてないなあ・・
 今度はデジカメで撮ってみよう・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

月の写真

またやってしまった・・・。なんでこんなに気が短いんや・・(ρ_;)
昨日のかきこみ、なんかおもいっきり怒ってますね、私・・
とにかく、いろんなお店屋さんがあって、いろんな店主さんがいて、スタッフがいて、
飲食店なら 料理があって、・・・
選ぶのはお客様ですよね。
選ばれるって言い方も、なんだかさびしいんですが、まずは、自分を磨かなきゃ、お店も磨けない・・。日々勉強ですよね・・。謙虚にがんばります(゚ー゚;

今日は満月。
一応毎日、月をチェックしております。
かんなり前のブログに 月に励まされた話を書きました。
「三日月とうさぎ」も、大好きなウサギと 月をそのまんま付けたものです。

昨日 亀鶴公園からみた 月です。

Moon Moon1


画素数が大きいってことで購入した携帯で撮ってみました。
しかし、月の写真は難しいですね。
特殊なレンズとか いるのかな・・・。

Moon2

へたな写真ですが、雰囲気は伝わるかな・・。

しかし・・・満月とか、三日月とか、美しく輝く月には なんとも言えない雰囲気を感じてしまいます。
なんとかうまく 月の写真 とってみたいなあ~

| コメント (0) | トラックバック (0)

器選び 店作り

昨年始めてなってしまった「花粉症」。ここんとこ、鼻がむずむずしてまいりました。
こういう場合、早めに病院へ行ったほうがいいのでしょうか?もっとひどくなってからでもいいのでしょうか?勝手のわかんない二年目の花粉症(^-^; 今年は治ってたりはしないんかな?
さて先日、うちの開店当時からのお付き合いの器屋さんとお話をしておりました。
「最近いそがしいですかあ~?」
「まあ、ぼちぼちですね~」

と、べたな会話・・

「新規のお店は行ってるん??」
「いや、今は行ってないです」

ここの会話、いつもと違うやん。

だいたい皆さんお分かりだと思いますが、業務用の器屋さんは、新規オープンのお店は
一番売り上げを上げれるところ。
始めから購入していくから、そりゃあ、そうでしょう。
ちょっと前までは、行ってますよ~って話だったのですが、行ってないって、どういうこと?

器屋さんの話はこういうことでした。
お店をオープンさせるときに、設計などしてくださる、いわゆる店舗設計の先生んところの方が、なんと器までえらんでくれて、しかも購入の際に そのコーディネーターさんに、手数料を払わないといけない、というんです。

おいおいおいおい、ちょっとまってよ。
軽い怒りを覚えたのは 気の短い(-゛-メ)私の特徴ですが・・。

もちろん 手数料云々で起こってるのではないんですよ。
そりゃあ、仕事してもらったら 料金は発生する。当然のことです。
一番腹立たしかったのは、なんでお店の器まで、業者さんまかせなんや、というところです。
私たち飲食店は、食べ物を提供して、お客様に召し上がって頂いくことを生業にしています。
でも、その料理を盛り付ける器を、なんで他人任せにするんや!
料理の個性、店の個性、それは、店にいるものたちのキャラになります。
店のコンセプトも、もちろん自分で決めないといけないと思います。
その中で、店の設計、小物、インテリア、そして器。そこは、譲れないと思うんです。
もちろん助言は、素直に受けて、あとは自分の中で消化させて、練って、店作りが出来ると思うんです。

もちろん、専門家の方々に決めてもらうのは、無難だし、最初はいいかもしれません。結構おしゃれで、今風なものができるでしょう。
でも、オープンとともに、その専門家の方々は、店からいなくなります。あとは自分の勝負。
自分が抱く店への想いは、日々店に反映されていきます。
そして他人任せのお店は、徐々に違和感を感じさせるようになるんじゃないかと思うんです。
その違和感が 私にはとってもさびしく、また お客様にたいする「おもてなし」に、マイナスの影響を与えてしまうんじゃないかと 思うんです。

大変だけど、一個一個自分の頭をフルに使って、考えて選んで、一番自分がいいじゃん、って思うもので お客様をおもてなしする・・。私はそっちのほうが お客様に対しても、店主も思いが伝わるような気がします。

器屋さんが言ってました。
「なに選んだらいいかわからない・・っていう感じらしいです」
もう愕然です。
はっきり言います。そういう方は お店しないほうがいいです。

自分もえらそうなこと言えませんが、いろんなこと勉強して吸収して、少々時代はずれでもいいんです。「思い」を込めて店作りすれば・・。

またまた怒り爆発してしまいました(^-^;

かなりきついこと書いてしまいましたが、自分も反省しながら、もっと勉強しながら
お店も向上していければ いいかなと思っております

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

宝物の一つ

いかなご醤油へのお問い合わせが、昨年位から増えています。雑誌の掲載、ラジオ、昨年は、NHKさんにも取材を受けました。本当に有り難い事で、感謝感謝ですm(__)m
数年前、当時料理長だったOさんから、いかなご醤油の存在を初めて聞かされたときの衝撃…(少々オーバー)。売れる売れないべつにして、復活させたいやん! 味見したいやん!
そして、温故知新、香川の昔 庶民が口にした味とは…。歴史好きの血が騒ぎます(笑)
あとは指命。 どんなものかわからないけど、とにかく讃岐の郷土料理、昔はそのいかなご醤油で味付けされていたに違いない!
それ、作らないかんやん

そんな感じで、作業はしない私は、無責任に言い放った訳です。
確かに出来上がったとき、想像以上の味わいに かなりびっくり…
『おいしいやん…』
確かにいかなごの風味はしますが、それがまたいい塩梅に、郷愁をそそります…。(自画自賛過ぎか?)

料理長のOさんは言っていました。『皆もう、大豆の醤油になれとるけんのー魚の醤油や売れんぞぉー』
いやいやOさん、これで大売り出し期待してないから…。味見たかったんやし。
その年、県産品コンクールでは、一次審査はとおったものの、二次では 魚の匂いを指摘され、落選。
その匂いを言われるならと、納得していましたが、そんな中、デザイナーでその当時、讃岐弁を織り交ぜだ画集で評判になった先生から、『ぜひ、頑張って、残していってください。』と力強く言ってくださったのは、今でもよく 覚えています。
あれから毎年、こつこつ手作業で 漬け込みから 絞り澱を取り、詰めてラベル張り。殆ど社長一人で行っています。
派手にどんどん、大量生産は出来ないけれど、昔ながらの味を、香を 楽しんで頂きたい…。偽りない気持ちです。
なんだか コマーシャルみたいになりました(苦笑)でもいつの間にか、いかなご醤油は、菊水の、宝物の一つになったようです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

苦手な三月

お酒の会も終わり、ほっと一息。もう、三月ですね。

三月はなにかと皆さん お忙しいんじゃないでしょうか?
私も会社勤め時代は 決算やら 人事異動やらの準備、新入社員の迎え入れ準備、
なんにゃらかんやら・・・。そして、歓送迎会の準備(笑)。  ・・・実はここに一番力が入ってたりして・・(゚ー゚;
まあ、とにかく、三月は 「春よねえ・・」なんて、しみじみした覚えがないんですよね。
お店に入ったら、やはりなにかとイベントごとや、ご来店も増えてまいりますし、とにかく、菊水名物、夜桜のライトアップに向けて、いろいろ準備
またプライベートでは 息子が新学期を迎えるための なにかと変化のある月です。
春休みもあったりと なんか落ち着かない・・・。
仕舞いには 実母の誕生日・・・。  いや・・私忘れてるし・・(*゚ー゚*)

なんか、ここまで書いたら、げんなりしてまいりました(笑)

新着情報にも掲載しましたが、今回通販新商品、「菊水特選・魚茶漬け」の販売を
開始したしました。
これも・・・「新着」と重複しますが、ある、菊水の 昔からのお客様への 隠れメニューでした。
このお客様がいらっしゃると、「最後はお茶漬けね~」となるわけで・・。
この場合お茶漬けとは 海苔茶漬けでもなく、梅茶漬けでもなく・・「魚茶漬け」なわけです。
初めて食べさせてもらったとき、「生の魚のお茶漬け?美味しいんかいな?」って感じでした。お魚のお茶漬けは 焼鮭しか知らない人間でしたから・・。

食べてみると、これはことのほか癖になる味でした。
そして、なんがか「大人のお茶漬け」のような気がしました。(なんか聞いたことあるフレーズやん)
熱い日本茶を さっと掛けて、さっと頂く。
ええやん、つうみたいやん。大人やん。   そんな感じです(笑)

いやいや 今回は三月は苦手、の話でした。。かなり横道に逸れました。

とにかく(笑)、そんなこんなで 新商品の販売もあります。
なんやら今年も、忙しく、やっぱり苦手な、三月になりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »