« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

初めての魚供養

いろんな事書きたい事ある、なにかと忙しい毎日。
菊水の桜も、25日に開花宣言。今、3部咲き、といったところでしょうか。
「桜の見えるお部屋」ご指定のご予約をたくさんいただいております。
ライトアップされた夜桜、昼間の明るい日差しの中の桜、
皆さん、ぜひ堪能していただければと思います。まだ少々、お席ございますので、一年に一度のお花見です。心からお待ちしいたしておりますね。

さて開花宣言の日、うちのお店で、初めて行ったことがあります。
「魚供養」です。

以前に書き込んだ大川町の医王寺さんに、こんな質問をさせて頂きました。
「うちは、お魚の命を頂いて、商売させてもらってます。お魚の供養って、やるのはおかしいでしょうか・・・。」
そんな質問に医王寺さんは、ぜひやったほうがいいと、お答えくださいました。

で、当日、何も準備のわからない、ばたばたした中、それでも気長に、「わからんもんは、わからん・・・。なんでも聞いたらええんやけん」と、おっしゃってくださいながら、お待ちくださった住職さん。
Saidan_2

結局、たいした準備は出来ませんでしたが、次は大丈夫(^^)v ちゃんと教えて下さいました。 
出席者は、社長と、社長のおじいちゃん、息子、私だけです。

医王寺さんは、きちんとしたお寺さんの服装?に着替えられます。
Ioujisan




Iuojisan2_2
初めて拝見する、医王寺さんの正装。
羽二重の白い、う~ん・・なんと言うんだろう・・、首に巻くものを付けられたら 本当に立派なご様子です。

昨年の夏、S氏と初めて訪ねた大川町 南川の医王寺さん。
奥様も大変素敵な方で、時の経つのも忘れ、お話させて頂きました。
結構気難しいS氏も、すっかり打ち解け、楽しい時間を過ごさせていただきました。
「寺に渡すお礼、ゆーんがあるやろ、あれに、御礼とか書いたら、お金入れんといかんようになるんで。でもな、御布施って書いたら、紙一枚でもええんや」
そんなこと教えてくださった。高野山でも修行。心が深く深く落ち着く「伽羅」のお線香を頂戴し、今でもいらいらしたり、そんなとき、焚いている。
医王寺のご住職は、私の考える「聖職者」、という言葉に一番近い、身近な存在。
丁寧に すばらしいお声で、お経を唱えてくださった。
うちも実家も、真言宗では無いので、初めて聞くお経。
その読経の中、昨年思い立って購入した、菩提樹の種のお数珠を手のひらに掛け、祈る・・・・。

「命」をありがとう・・・・   随分遅くなったけど、心から感謝いたします・・・・・・・。

Saidan3


8歳の息子は、なにがなんやらわからないまま出席。それでも、何も言わないのに黙って手を合わせていました。
何を思い、何を考えて手をあわしているのだろうか・・・・。お魚さんの法事。それだけは伝えた。

Soujiichan







明るい日差しの、春の日。
約1時間で 「魚供養」は終わりました。
とにかく、供養する日だけではなく、毎日、感謝を忘れずにいたいものです。
日々忘れそうな、小さな「ありがとう」・・・。忘れ去られそうな、思いを、大切にしていきたいと、改めて思った一日でした。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

納得できること・・

公私共に忙しい毎日。
すっかり 桜の時期が 近づいていることを忘れていた私・・・。
このブログのデザインは、自由に選ぶことが出来るので、季節ごとに変えたり、気分によって変えたりしておりますが、「そういや、桜の時期に・・・」と、思い出したのは先週位・・・。おいおいおい、なんか忘れてないんかい??そうそうそう、「吟醸の夕べ」やん!!
・・・すいません・・しょうみ、忘れていました。
あれだけ前回、感動したにもかかわらず、なんてやっちゃーと、叱ってやってください(;_:)。

なんやかんやと忙しい毎日。新たに試みようとしていることもあり、余裕は全くありませんが、そんな中、私の、ぼそぼそ、ぐずぐずの声に耳を傾けてくれる大切人たちが、ありがたいことにいます。

なんで同じ間違いするんやろ。わかっていても、どうしても同じ過ちを繰り返す・・。
自分で自分がいやになる。
そんなときがありました。

そんなときに言ってくれたある先輩の一言。
「それは、自分でそのことに納得できてないからよ。」

過ちと言葉で片付けていて、でも心では、本当に過ちだろうかと、自問自答する自分自身をわかってなかった・・。
もしかしたら、間違いじゃないかもしれない・・そう思う自分自身が、心の隅にしることをわかってなかった・・。

そんな私の心を見透かすように、先輩は、上記の言葉をかけてくれた。

世の中に「善」と「悪」はあるだろうが、それは、当然とした法律のような条文なんてない。人を傷つけるのも人間 うそを付くのも人間・・でも・・。
どうしても、そういう事をしなくてはいけない場面もあるんじゃないか・・。
そんな風に思うと、訳わかんなくなる。

多分、絶対的に自分に自信がないんだろうなと思う。どれだけ頑張っても頑張っても自信が付かない。
これは私の特徴かもしれないと、そんな風にあきらめ心地になる。

自分に納得・・。ありがたい言葉だった。
そう、自信なくてもいい、納得できたらいい。
何度も傷ついて、納得して、あきらめたり、頑張り続けたり・・。

そんな繰り返しはとっても疲れるけど、本当に大切なもの、納得できるもの、見つけたいなと思う・・今日この頃です。

また訳わかんなくなる、私のブログ(^_^;)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

なすべきこと

なんだか慌しい毎日。
気づいたらもう、3月も1週間すぎてるじゃん・・(-_-;)
そんなこんなで、昨日、瀬戸内海放送の「ドリーム百貨店」の、当店分の放送がされました。
当日はばたばたとしてまして、見たのは、後で、ダビングしていたもの。感想は・・・・。
やっぱ、ダイエットしなきゃねえ~(-_-;)。
当日の撮影は、本当に楽しいものでした。スタッフの皆さんも、アナウンサーの多賀さんも、気さくで、楽しい人たちで、いい経験になりました。
テレビの方々には、今までも、おかげさまで何度かお声をかけて頂きました。
そのたび、なんでうちにお声をかけてくださるのかな??と思うのですが、今回も、前回の西日本放送さんも、このサイトをご覧頂いたそうです。たまたま、「菊水って店がある」ってお聞きしたみたいで、このサイトをご覧になり、お声をかけてもらう。。
そういう経緯が多い感じです。
今回の放送では、お料理とか、お店の雰囲気だけではなく、番組の意向ということで、私の、ここに至るまでのことも、興味を持っていただいたようで、そういえば、ブログのプロフィール欄には、28歳で結婚して、いきなり2児の母、見たいな事を書いています。
そういうあたりが、珍しかったのかもしれません。たしかに39歳にして、孫がいるっていうのも、珍しいかもな・・・。
自分では全く意識がないものの、いろんな経験をしてきたように思います。
このお店に来たときは、OL意識なのか、名刺を頂戴したとき、○○社の△△部長、なんて肩書きみただけで、すっかり「部下」状態になっていましたが、今では、そういう意識も少なくなってきたように思います。
どんなお客様も、うちにお越しいただけるお客様は同じ。
もちろん、お客様のお立場や、ご来店の目的などは大事ですので、頭には入れておきますが、あとは、必要以上に、びびらないように(苦笑)しております。お客様にしても、お店でゆっくり召し上がってるのに、お店の人に肩書きでかしこまれたら、窮屈ですよね。
私はものすっごく不器用です。
たぶん他の方がすんなり挟み飛びで飛び越えるところを、ベリーロールで、バーをはずす、ってところが多々あります。
だから、当然思い悩みも多いでしょうし、失敗も多い。大いに自覚しております。
でも・・・・・
日々の流れは、どんな偉い人でも同じ・・。
こればっかりは、平等です。
せっかちな私は、いろんなところであせります。
こんなことでいいの????ってあせります。

でも・・・・・・
これは性分なのかもしれません。直したいとは思いますが、難しいもんです。なんせ、40年近く、私をやっておりますから・・(^_^;)
どんな仕事でも同じでしょうが、「これで完璧!」なんて、私がもし、死ぬまで女将業をしていたとしても、納得はできないように思います。
そして、それでいいのかもしれません。

なぜ、生きる?生きる意味なんかないやんか・・・・

私の大切な大切な友人がそんなことを言いました。

明確な答えは出来ません。わたしだってわかんないです。
でも、生まれたからには、まっとうしなくてはいけない、「何か」があるように思うんです。

私もまだまだ発展途上の人間。
あの世に旅立つとき、「とりあえず、自分のなすべきことはやった」と、そういえる人生にしたいと思う、今日この頃です・・・・

いや~ なんか前向きやん!(^_^.)

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »