« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

紙一枚の進歩

大晦日。なんか慌しいなあ。
一昨日、また風邪をひく。またまた胃腸炎の風邪・・。
前回の風邪は「ノロウイルス」ではなく、冬には胃腸にくるいろんなウイルスがあるみたいで、今回も、また違ったウイルスが、やってきたみたい。今回は熱も高くなる。
菊水も 三日月とうさぎも、お店の営業は29日で終わり、最終まで忘年会続きで疲れ、また、日ごろから薬の多い私は、体の免疫力が低いのだろうと分析してみる。
お陰で、掃除など全くできずに、今日を迎える。
毎年、「おせち」の盛り込みは私も手伝う。仕出は全く手伝わない私だが、このおせちは、一年の締めくくり、社長みたいに徹夜したり、他の人達みたいに早朝からも出来ないけど、一年のけじめとして手伝う。
でも今年は出来なかった・・。そういえば昨年も出来なかったな・・。ちょうど入院してて、退院したばっかりだった。ここんこと、そんな感じばかりだな・・・。
そんなことか、年末だと全く感じない、なんだかぼんやりした大晦日。
早く元気になりたいな・・。
一つ分かっている事がある。直る手段。
「開き直り」・・・。
「私は私で充分」・・・。この言葉、どっかで聞いたな・・。そうそう、花屋さんのFさんが、書で書いてた。Fさんは書道家でもある。お店のどこかに、そう書いたものが飾られていた。
ふとしたときに、その言葉を思い出す。
ひょっとして私は「欲」深いのだろうか・・。もっともっとと、欲を出しているのだろうか・・。
お店をしていて感じる。「自然体」・・・。
日本料理屋の女将ということで、肩肘張りまくった日々。十年たっても、まだ張ってる?
随分抜けた気もするが、これも性分かもしれないな・・・。
紙一枚でも変化できたら、人は変わっていける・・。そんな言葉もどっかで聞いた。
なんかしょっちゅう「孤独」を感じてたなあ・・。周りにたくさんいても孤独を感じる。
これも心の持ちようだろうと思う。
わかっているけど、心がついていかない。
頭で理解できても、心がついていかない。
今まで、店があっての私だった気もする。私があって、そして店がある。
難しいことでもなさそうだけど、難しい・・・。
なんかそんな2006年。
年が変わったからって、ころっととはいかないだろうけど、紙一枚でも、進歩していけたら・・・。
ありきたりすぎるけど、来年は少しでも楽しい年にしたいな。「楽」なとしにしたいな・・。
そういえば・・・30代最後の年・・。
皆さんも、一年間、本当にありがとうございました。
この「つぶやき」には、情けない女将の姿ばかりで申し訳ない限りです。
来年は少しでも、しゃんとした姿を、お見せしたいものです。
皆さんにとって、本当に良い一年でありますよう、(まじめに)祈っております。
では・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

お店との語らい・・

毎日忙しい日々。こういうのは、ありがたいことなんでしょうね。前回の風邪は、今流行の「ノロウイルス」。息子は11月にすでになりました。
この風邪は、息子は冬になるとかかりやすいので、よく知ってましたし、世話をしてたらうつりやすいんですよね。
とにかくお店では 除菌のスプレー大活躍でしのぎました。
しかし辛いもんですね~。体に力が入らない(:_;)。今も喉が痛いですが、随分良くなりました。
「三日月とうさぎ」では、少し間が開くと、バックヤードにいるか、ほんの少ししか休めないときは、カウンターの内側で座り込んでいます。そのとき見る風景がこれです・・・。

061217_125720_m この風景は、私には日常の図です。

考えてみますと、ここは以前調理場で、私が一番居た場所です。
今もここに居座っています。
縁があるのかもしれません・・・・。
この場所で、喜怒哀楽があって、初めてパニック障害が出て・・・。
今はすっかり雰囲気も変わり、店名も別になり、調理人と私と仲居さんくらいしかいなかったこの場所に、たくさんの方々がお見えになります。
でもやっぱり 私はここにいるんだ・・・。

S氏の話題が多いですが、S氏から、お店に感謝しなきゃあ・・と言われました。お店が寂しがってるよと言われました。S氏はパイを作りながら、お店と話をしたそうです。

それを聞いた翌日から、朝お店に入るときと、帰るとき、声を掛けたり、心で感謝したりしています。
菊水や三日月とうさぎのお陰で、私たちは生活ができる。そして、いろんな人を知り合える。さまざまな可能性を感じる事ができる。
「三日月さん・・・今日も私の事守ってくれてありがとね。また、明日ね、お疲れ様でした」
社長も実践しています。
身近にあるものは、感謝を忘れがち。
私の周りにあるモノ全てに、感謝!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

うまい~あずきパイの季節

おいおいおい!(大仁田風)、!師走じゃんか~。「つぶやき」さぼってるなあ~。
言い訳をさせていただきますと、ネットが調子悪く、つながりにくかった。あとは・・・・うーーん(-_-;)、言い訳になりますね。
んでもって、今日、ついに私にも風邪の脅威が・・。朝からふらふらの一日。昼間はどうしても店を休むわけにいかず、頑張りましたが、午後から点滴に行ってまいりました。
基本的に治癒力の高い私。今では随分よくなりました。こじらさないように、これ書いたら速攻寝ます。
お陰さまで菊水も忙しい毎日を過ごさせていただいております。
おせちも、ご案内が遅くなりましたが、徐々にお伺いしております。
なんだか「秋」が短くて、12月に入っても雨の日が多く、なんとなく「冬」になったような天候です。師走だなんて、なんかぴんとこないのは私だけでしょうか?
「三日月とうさぎ」も、おかげさまで忙しい毎日です。
先日から、うさぎオリジナル、「あずきのパイ」が、お店にお目見えしております。
昨年、マスターだったS氏が、独学で頑張って焼いてくれてたパイ。
S氏のいない今、「やっぱ冬だからあずきパイだよなあ~」と、おねだりしたところ、夜中にお店にこっそり来てくれて、S氏がまたまたパイづくりをしてくれています。
パイは、暑い夏には作れないそうです。生地の塩梅が難しく、また、食するのも、寒い時期が良いようです。でもこのパイ。かなり手間がかかる・・・らしい。
生地をこねこね、休ませたりとか、時間もかかる。でも、できあがりの本格パイは、絶品です!焼きあがってオーブンから出てきた熱々のパイ。生地の残りは私のおやつ(^。^)。
これが~やめられない~。うまい~。
ベイクドチーズケーキと、このパイは、かなりお勧めです。
ぜひお試しください。    また焼いてね~。
Pai_2 Pai_1    オーブンで焼かれているパイさんです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »